展示会 | 田宮亜紀ブログ

田宮亜紀

 ご挨拶   展示会  展示会   おたより 

田宮亜紀ブログ

陶芸家 田宮亜紀のブログ
めし碗展 / ごはんのとも展

 

2018年11月17日(土)〜12月3日(月)
※11/19(月)定休日
11:00-19:00

出展作家
伊藤環   上野剛児    尾形アツシ   岡本純一   小野哲平   工房あめつち   境道一   境知子  島るり子   須藤拓也    田宮亜紀    田村文宏   八田亨   服部竜也    藤塚光男  村木雄児  山田隆太郎

まちのシューレ963
香川県高松市丸亀町13−3  087-800-7888

 

米をたべるためのうつわ、「めし碗」。身近にあって、だれもが日々のなかで使う道具です。
だからこそ「掌(たなごころ)」を大事に、自分だけの一客を使いたいと思います。
ほんとうに美味しいその年の米とともに、めし碗ばかりをあつめた展示です。
さらに、梅干しや塩辛、香の物のための皿などをあつめた「ごはんのとも展」も同時開催します。どちらもお楽しみに、お越し下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【関連イベント】 「めし碗で食べるごはんとおかず」
めし碗で、香川県産を中心に美味しいご飯の食べ比べと、お米に合わせたおかずを食べていただく料理会を開催します!その中でトークイベントとして「うつわ祥見」主宰の祥見知生さんによる、めし碗の選び方や楽しみ方のレクチャーと、お米を選んでいただいた溝口食糧さんによる、お米の深いお話しをしていただきます。

お料理は、地産地食をモットーに徳島県神山町で活動を開始した、農業の会社 「螢奸璽疋魯屐Ε廛蹈献Дト」の食堂「かま家」の料理長・細井恵子さんです。香川県産の野菜や肉をつかい、お米との美味しいマッチングを目指します。 「飯」を味わいつくすイベントに、ぜひお越しください。 ※本イベントは「さぬきダイニング」の事業として開催いたします

日時:11月23日(金祝)18:00〜20:00
場所:カフェ963にて

お話し:祥見知生(うつわ祥見主宰)・溝口雄介(溝口食糧)
料理:細井恵子( Food Hub Project「かま屋」料理長)
参加費:5,000円(1drink付き)※2drink以降は実費となります
定員:30名( 要予約) ※キャンセルの場合は2日前までのご連絡をおねがいします。
それ以降はキャンセル料をいただきます。
【同時開催】 「おこめフェア 」
高松市多賀町のお米屋さん「溝口食糧」さんから、香川県産を中心とした珍しくておいしい新米が届きます。
今回は料理会でもご一緒する、徳島の農業法人フードハブプロジェクトのお米やごはんのおともも並びます。
あわせて、ごはんにぴったりなお漬け物や瓶詰めのおかずなど、ごはんのおともを全国からお取り寄せします。
ほんとうにおいしい秋の恵みを、ぜひお楽しみ下さい!

日時:11月9日(金)〜 11月25日(日)
場所:店内食品ブース
めし碗展 × Food Hub Project 連動企画 ◯ めし碗展@神山 POP UP SHOP
2018.11.24 sat ~12.3 mon

まちのシューレ963のギャラリーを飛び出し、めし碗展を「かまパン&ストア」にて出張開催します! お隣の「かま屋」でFood Hubのお米と料理を堪能した後は、ぜひストアでうつわを選んでみてください。 ◯ めし碗でたべる。-ご飯とおかず-@神山「かま家」

日時:11月24日(土)
16:00~ 「うつわのお話」
祥見知生×真鍋太一(Food Hub Project支配人)
18:00~ 食事会「神山の新米とごはんのおとも自慢大会!」 参加費:2,500円(ご飯、おともなくなり次第終了) 〒771-3311 徳島県名西郡神山町神領字北190-1
かま屋 05020242211(担当:清家)
かまパン&ストア 0886761077(担当:細井)
URL: foodhub.co.jp/
定休日:月・火(祝日の場合は営業)

 

https://www.instagram.com/akitamiya/

| 展示会 | 17:34 | - | -
開催中

 

お茶の時間

土草多(ガラス)須田二郎(木)田宮亜紀(陶)


9月2日(日)〜30日(日)
10:30〜19:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

静岡カントリー浜岡コース&ホテル *3F
静岡県御前崎市門屋2070−2 / 0537-66- 2025

--------------------------------------------
▶︎レストラン
ラ・フローラ 7F 西洋料理
天龍     3F 和食
       2F 和洋食、カフェ
▶︎アクセス
*電車の場合
JR新幹線・東海道線掛川駅 
タクシー約30分
*お車の場合
東名 掛川I.C.より約25分
東名 菊川I.C.より約20分
新東名 島田金谷ICより約45分
富士山静岡空港 約30分

 

http://www.instagram.com/aki.tamiya/

| 展示会 | 09:46 | - | -
お茶の時間 

 

お茶にしましょうか
この一言で心が和みます
お気に入りの器でささやかな時間
ガラス・安土草多さん 木工・須田二郎さん 陶・田宮亜紀さん
三人展を開催いたします
安土さん、須田さんは、静岡でははじめての展示となります
この機会に、それぞれの風合いをお愉しみください

                      ご案内よりー

  

                           

土草多(ガラス)須田二郎(木)田宮亜紀(陶)


9月2日(日)〜30日(日)
10:30〜19:00

 

 

 

静岡カントリー浜岡コース&ホテル *3F
静岡県御前崎市門屋2070−2 / 0537-66- 2025

--------------------------------------------
▶︎レストラン
ラ・フローラ 7F 西洋料理
天龍     3F 和食
       2F 和洋食、カフェ
▶︎アクセス
*電車の場合
JR新幹線・東海道線掛川駅 
タクシー約30分
*お車の場合
東名 掛川I.C.より約25分
東名 菊川I.C.より約20分
新東名 島田金谷ICより約45分
富士山静岡空港 約30分

| 展示会 | 10:00 | - | -
ありがとうございました。

 

安土草多・田宮亜紀二人展
終了いたしました。


草多さんのガラス、
谷 匡子さんのお花、
そして千鳥さんの素敵な雰囲気、
幸せな展示会となりました。


いらして下さった皆様、
どうもありがとうございます。

このご縁に感謝いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

photo千鳥

 

| 展示会 | 17:46 | - | -
安土草多・田宮亜紀 二人展

 

6月16日(土)〜23日(土)
12:00-19:00 最終日18:00まで
在廊日 安土・田宮 16日(土)17日(日)

 

 

 

谷 匡子さんによる花と器のデモンストレーション-------------

ガラス、陶、二人のうつわを使ってお花を活けてくださいます。

ぜひ見にいらしてください(どなたでも見ていただけます)

*16日(土)1回目14:00〜. 2回目16:00〜

期間中は、谷 匡子さんによる装花をご覧いただけます。

 

千鳥 HP
千代田区三崎町3-10-5 原島第二ビル201A 03-6906-8631

| 展示会 | 22:25 | - | -
花とうつわ展

 

クレマチスが満開の丘で,植物の美しさを生かす作家ものの花器をご紹介いたします。
白磁、粉引、焼締など、作家によって生みだされた表情豊かな花器をご覧ください。

作家のつくる花器と季節の草花で、何気ない日常が豊かなものとなるような花のある暮らしを楽しんでみませんか。

 

6月1日(木)−7月10日(火) 11:00−17:00  水曜定休

阿南維也  尾形アツシ  小野哲平  郡司庸久  境道一

田宮亜紀  森岡由利子  吉田直嗣 ほか

企画・協力|祥見知生(うつわ祥見)

 

                                                         

                     器  尾形アツシ

 

うつわ茶房 KEYAKI 
静岡県長泉町東野クレマチスの丘347-1<日本料理tessen1階>

クレマチスの丘 https://www.clematis-no-oka.co.jp/
Tel.055-989-8778 Fax.055-989-8784
定休日|水曜日(祝日の場合は営業、翌日休)

 

花とうつわ展ご案内より

*5月29日までは「静岡の作家展」開催中です。

  黒田泰蔵 花岡隆 村木雄児 吉田直嗣 田宮亜紀

| 展示会 | 18:16 | - | -
展示会のお知らせです

 

静岡の作家展

 

黒田泰蔵 花岡隆 村木雄児 吉田直嗣 田宮亜紀

 

3月1日(木)ー5月29日(火)

11:00-17:00

定休日 水曜日(祝日の場合は営業、その翌日/5/29は営業)

*4/8, 5/19 は貸し切りのためご入場できませんのでご了承ください。

 

クレマチスの丘 うつわ茶房KEYAKI

日本料理tessen1階

http://www.clematis-no-oka.co.jp/

 

 

                黒田泰蔵

 

                          花岡隆

 

                         村木雄児

 

                         吉田直嗣

 

                         田宮亜紀

 

 

オープニングトークイベント(出展作家)

3月10日(土)18:00-20:30

定員 70名 *要予約

料金 1500円(軽食と飲み物付き)

会場 日本料理 tessen

ご予約・お問い合わせ

クレマチスの丘コミュニケーションセンター

055-989-8785(水曜休み)

*イベント終了後、三島駅北口行き臨時シャトルバスを運行致します。

 

静岡県長泉町東野クレマチスの丘347-1
TEL(055)989-8787

送迎 JR三島駅 北口より無料シャトルバスあり

 

企画・協力 祥見知生

 

| 展示会 | 20:20 | - | -
BORDERLESS 

 

後期 2月1日(木) - 2月13日(火) 

 

浅井庸佑 / 石田誠 / 寒川義雄 / 郡司庸久/郡司慶子 / 永島義教

田宮亜紀 / 安永正臣

前期 小野象平 展示販売あり

 

開催 CIBONE Aoyama http://www.cibone.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

企画協力: 祥見知生(うつわ祥見 KAMAKURA)
Main visual: Gorta Yuuki

 

| 展示会 | 12:28 | - | -
BORDERLESS

 

 

出展いたします。

 

 

 

 

 

 

開催 CIBONE Aoyama http://www.cibone.com/

 

参加作家
1月17日(水) - 1月31日(水) 小野象平 *2月1日以降も作品の展示販売
2月1日(木) - 2月13日(火) 浅井庸佑 / 石田誠 / 寒川義雄 / 郡司庸久・郡司慶子 / 永島義教 / 田宮亜紀 / 安永正臣

作家在廊日: 1月20日(土) ・21日(日)11:00〜18:00 小野象平

 

 

吸い込まれるような、いさぎよい青。

陽を浴び、土を踏み、恵みを食し、仲間と語らう。
そんな、人間らしい生き方から生まれ、何事の境界を定めることの無い、開かれる小野 象平のうつわ。

言語や、固定された概念、文化を超越した中で、たどり着くのは素朴な人間くささからあふれる生命力です。
誰もがそれに触れることが許され、明日に生きる活力へとつながります。

今回のEXHIBITIONでは、小野象平の500点にも及ぶうつわと、気鋭の作り手による作品をご紹介します。

 

 

企画協力: 祥見知生(うつわ祥見 KAMAKURA)
Main visual: Gorta Yuuki

 

| 展示会 | 18:11 | - | -
あさがやふゆものがたり〜 ぬぬぬパナパナの仲間たち〜ぬぬ(布)、土鍋、器、ご飯

 

 

土鍋を出展します。

 

 

 

 

 

12月1日(金)〜12月22日(金)12:00〜18:00
(木、日休み、3、7、10、16、17日はイベント営業のみ)
会場 器とカフェ ひねもすのたり
〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1-3-6
(阿佐ヶ谷駅北口から徒歩5分)
TEL03-3330-8807
http://ひねもすのたり.com/

展示販売・・布:紅露工房、前津雪絵、(西表島)
森田みゆき、上原久美(石垣島)、浜川史江(多良間島)
内山初美(奄美大島)、 菅野あゆみ(和歌山)、
滝沢都(長野上田)
浦令子(企画)×大竹典和(素材 福島産和綿)×原千絵
(織り、染め)ぬぬパナオリジナル手ぬぐい 
綿、羊毛、芭蕉、絹、苧麻、など自然素材で織られたストール、
うちくい(風呂敷)、手ぬぐい、小物、アダン葉の草履、
芭蕉の繊維、泥染めハンカチなど  

土鍋:田宮亜紀(静岡)焼き締めの土鍋、
器:工藤和彦(北海道旭川)飯椀、酵房 樂流(宮崎)ガラス、
食:奄美の黒糖、塩、なり味噌、熊本自然栽培ミカン、レモンなど

●田町まさよのべジランチ&カフェ
12月1日(金)、2日(土)、8日(金)
べジランチ 1500円 ミニデザート付き
 *予約制(12:00〜 13:00〜 14:00〜 各時間6名ずつ)
土鍋で炊く自然栽培中川吉右衛門ササニシキ新米ごはん+漬物、
土鍋で作る 身体の温まる具沢山味噌汁or汁物orスープ+
奄美の食材や自然栽培野菜を使ったおかずがついた べジランチ、
カラダにイイ、ぬぬ&食べ物でほっこりなさいませんか?

カフェ 15:00〜18:00、
土鍋で作るおじや、自然栽培新米ミキ、 ミキで作る蒸しケーキ、
土鍋ミルクパンで作るチャイ、ミキのスムージー など予定。
  
【関連イベント】すべて要予約
奄美しまうた、ぬぬ作り
12 月3 日(日) 14:00〜16:00 
奄美の芭蕉、オーガニックコットン、泥染めなど
奄美の布についてのお話しと布にまつわる島唄など
島唄; 新田雅洋、脇田真由美 
お話; 田町 まさよ
会費 2,000円(奄美のお茶とお菓子付き)

●西表ネイチャーエッセンスお話し&テイスティング会 
12月4日(月)満月 18:30〜3時間程度 
昨年10月、西表島で生まれた5つのエッセンス、
芭蕉、苧麻、アザミ、オキナワウラジロガシ、ギランイヌビワ
これらを作った際に受け取ったメッセージや起こったことなどをシェアし、できたマザーエッセンスをそれぞれテイスティングし、
エネルギーを感じて頂きます。
気に入ったエッセンス1つからご自身専用の
ストックボトルを作るために必要な母液をお分けします。

今回のエッセンスのうち、芭蕉、苧麻、アザミの3つの
エッセンスは、紅露工房主宰の染織家、石垣昭子さんと
一緒に作ったもの。
エッセンスのお話と合わせて昭子さんと
紅露工房についてのお話などもさせていただきます。
紅露工房のぬぬとあわせてお楽しみください。

内容 エッセンスと繋がる誘導瞑想、
5つのエッセンスのお話し、 紅露工房のお話し
テイスティング&シェア、自分のエッセンスを選ぶ など
お話し&ナビゲート 田町 まさよ 
参加費 5,000円 
(持ち帰りストックボトル1本、土鍋のごはんとお味噌汁付き)
 
●田町まさよの発酵料理教室1 →満員御礼!申し込み終了しました
 土鍋で炊く酵素玄米と重ね煮のお味噌汁〜
12月7日(木)、11:00〜3、4時間程度 
玄米と小豆を発酵させて作る酵素玄米、
玄米を発酵させて作ることで、
普通の玄米よりも消化がよく食べやすくなります。
また一度炊いたらしばらく保存できるので、便利です。
この料理教室では、わざわざ特別な機材を購入しなくても
おいしく酵素玄米を作る〜、 土鍋で炊いて、
家庭用の炊飯器で保存する〜方法を、お教えします。
今回は、自然栽培のササニシキ玄米中川吉右衛門米、
シタカラ農園自然栽培小豆、 奄美の天然塩を使い、
田宮亜紀さんの土鍋で酵素玄米を炊きます。
また酵素玄米にかけるとおいしい!ご飯の消化を助け、
カルシウムを 補ってくれるゴマ塩、その時ある材料で
誰でも簡単に作れてしかもびっくりするほどおいしい
重ね煮のお味噌汁をこちらも土鍋で一緒に作ります。
土鍋の使い方なども教えます。
腸内環境を整えてくれるおいしいご飯と味噌汁をぜひ!
毎日の暮らしに取り入れて下さい。 お子様の参加もokです。
参加費 5,000円(材料費込)
持ち物、エプロン、三角巾、筆記用具

●田町まさよの発酵料理教室2
 奄美・植物性乳酸菌発酵飲料 “ミキ”を土鍋で作る〜
12月9日(土) 13:00〜17:00  

「ミキ」とは?
「1ccに1億個、またはそれ以上の乳酸菌が生きている
と言われる(腸内細菌の研究者・辨野義美先生)
腸内環境を整えてくれる奄美の伝統 植物性乳酸菌発酵飲料。
一般の方々から、回復食、離乳食、妊産婦、授乳中のお母さん、
アレルギー、アトピー、便秘、うつ、咀嚼がしづらい方々等々、
幅広く飲まれています。
植物性で、砂糖はまったく入っていないので、
大豆、乳アレルギーのお子様なども飲むことができます。
そのまま飲むだけでなく、
ヨーグルトのようにフルーツと合わせたり、
スムージーにしたり、塩を足して野菜を漬けたりなど、
さまざまに応用可能。
このミキを今回は、田宮さんの土鍋で作ります。
また、ミキを使った料理法、使い方など独自のレシピを
お教えします。
終了後、ミキを使って作る蒸しケーキと赤椀入りのミキを
頂きながら、もともとは神事祭事の際に作られていたミキの由来や
赤椀の世直しなどミキにまつわる様々なお話しをさせて頂きます。

参加費 5,000円
(500mlのお持ち帰りミキ、ミキの蒸しケーキ付)
持ち物、エプロン、ミキを入れる500mlの広口容器
(タッパ、広口瓶など)、筆記用具

12 月10日(日) 14:00 〜 2 時間程度 
手紡ぎ和綿ちくちく手縫いワークショップ

出展布作家、滝沢都さんが自分で育て紡ぎ、草木で染めた
和綿の糸を使って 彼女が織った和綿の布(15cm×15cm)
にチクチク手縫いします。 糸は、好きな色を選べます。
出来上がった布はお持ち帰りできます。
ハンカチ、コースターなど色々使えます。
和綿や布づくりについてのお話しも聞けます。
彼女が作った薫り高い麦茶と手作りお菓子付きです。
講師 滝沢都 会費 3,000 円 (お茶とお菓子付)定員10 名 

同日 17:30 〜 滝沢都 お話会&食事会
ちくちく手縫いのワークショップの講師をしていただく
滝沢郡さんによる芭蕉を育てて糸を作っていた沖縄石垣時代から、
羊毛、亜麻、和綿に変わった 長野での作品作りのこと、
暮らしのこと、畑のことなどについて
写真を見せながらお話ししていただきます。
家の畑でとれたものや上田市の天然酵ルヴァンのパンなどを使ったお食事付です
会費 3,500 円(プラス1000円で奄美黒糖焼酎飲み放題付) 
定員10 名

作り手 滝沢都さんプロフィール・・
1971 年長野県生まれ。沖縄の大宜味村芭蕉布会館で、
芭蕉布を学び(1998 〜 2005)、その後石垣島で子育てしながら
芭蕉布づくりをする生活を経て、2012年より長野県上田市に移住、
土から始まる布を目標にして、棉や藍を中心に亜麻も育て
近くの農場の羊の毛刈りをし、羊毛にも挑戦中、
自家用の野菜も作り、生活を手作りしていくことを実践中

●松橋登 冬の朗読会
12月16日(土)14:00〜 17日(日)14:00〜
各回20名 3000円

★ランチ、各イベント申し込み問い合わせ
日にち(ランチの場合は時間も)、人数、お名前連絡先を
添えて、FB 田町まさよに個人メッセージをいただくか
iyashinoamami@song.ocn.ne.jp にメールもしくは
ひねもすのたり03-3330-8807 まで 
(前日以降はお電話でお願いします。)

企画 主催 ひねもすのたり 田町まさよ 
協力 ぬぬぬパナパナ

ぬぬというのは、沖縄の言葉で布、パナパナというのは、
端っこ、自然の力をたっぷり吸いこんだ手織りの布の端々から
伝わる'何か'を手に取る方々に伝えたいということで
2004年から始まった’ぬぬぬパナパナ’展

2010年からご縁を頂き、べジランチを作らせていただいたり、
出展した布作家さんたちのワークショップや
ストール類や小物などをひねもすのたりで展示販売したり
関わらせていただきました。

主催の浦令子さんが今年5月に亡くなったため、
これからどうなっていくか展開が待たれるところですが、
私は私なりにできることをやれればと思い、
過去ぬぬぬパナパナに出展した布作家さんたちの布や
べジランチの際に使い販売もした田宮亜紀さんの土鍋、
工藤和彦さんの飯椀、ぬぬパナカフェ担当だった
酵房 樂流さんのガラスなどを展示販売させていただきます。

八重山から長野まで、芭蕉・苧麻・絹・綿・羊毛
それぞれ糸を作るところから
関わる布つくり。個性豊かな、そして想いのこもった作品の数々。
(以上ぬぬぬパナのぬぬ2012年DMより抜粋)
そして、自然の力をたっぷり吸いこんだ肥料も
農薬も使わない自然栽培作物と
それらを食べる自然豊かな場所から生まれた器と土鍋。

“自然を纏うことと食べることは同じ”
自然よりも建物が大きく見える都会にいても
自然とのつながりを忘れないように
自然豊かな場所で生まれた布、器、食を味わって
頂けたら幸いです。

皆様のお越しをお待ちしております。

とうとがなし(奄美の感謝と祈りの言葉)

田町まさよ

 

 

| 展示会 | 16:58 | - | -
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
最近の投稿
カテゴリー
過去記事