神茶 | 田宮亜紀ブログ

田宮亜紀

 ご挨拶   展示会  展示会   おたより 

田宮亜紀ブログ

陶芸家 田宮亜紀のブログ
<< ありがとうございました。 | main | おひさしぶり >>
神茶
  


古代中国から、お茶をひとりで飲んで楽しむ「神茶」という文化が伝えられてきた。茶葉が白湯の中で花開く様子を静かに眺めながら、心の中で日々の幸せを願うそうです。




       
MY BRAND


       

      
     お茶の雫まで 味わって欲しい



静岡山間部の標高200〜800メートルの急傾斜の茶畑集落地で、
茎、葉、芽を自然そのままの無垢な状態で仕上げた、深い香気と澄んだ黄金色の水色の控えめでありながら凛としたお茶を作り続けてきた生産者(清光園)の言葉です。













熟練の職人が手で揉んだ、1日300gしかつくれない貴重な本山の茶葉、
希少価値の高い清沢和紙を使用した願掛け御守、
香りの良い檜の木の箱、銅茶缶、どれも職人の手によるもの。
そんなセットに私の汲み出しが入りました。





MY BRAND





プレミアム神茶セット

・手もみ茶 <2010年度 大川産手揉み本山茶>
・焼締め汲み出し
・清沢和紙器包み
・銅茶缶
・檜茶箱



 詳しくは MY BLAND ↓まで。

  マイブランドのホームページ



| 茶器 | 21:28 | - | -
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
最近の投稿
カテゴリー
過去記事